稼働中の印刷機械

印刷検査装置なら大量印刷でも安定した品質かどうかチェックできる

インク

日々、大量に資料を印刷する、製品や商品に印刷を施すといった企業担当者の方、印刷品質が安定しているかのチェックを人の目で行い、膨大な時間をかけるだけでなく、品質が不安定になる要素があるというのであれば印刷検査装置の導入を検討しましょう。
印刷検査装置なら大量印刷を行う際でも、人の目を頼ることがありません、良品となる画像データを印刷検査装置に登録するだけで、マッチングするかを判断し品質が不安定になることを防げます。人の目の場合、大量印刷で徐々に生じる小さな変化を捉えられないものの、印刷検査装置は基準となる画像データから少しでも外れただけで印刷エラー品として除外することができます。また、印刷検査装置なら24時間稼働する印刷ラインと組み合わせることで無人でも安定した品質での印刷が可能になります。さらに無人稼働する印刷ラインで品質低下が生じた際には稼働停止の制御も行うことができます。そのため、印刷品質が低下したものが無人稼働で大量印刷されてしまうことも防げます。さらに印刷検査装置は印刷業の製造ラインだけでなく、コピー機や業務用印刷機など向けの小型のものもあり、会社で使用する資料も夜間を利用して無人印刷かつ良否判定を行える仕組みづくりも可能です。

印刷検査装置なら検査スタッフの個人差の問題を解決できる

大量印刷を行う印刷業、製品にインクジェットプリントやレーザープリントを行う製造メーカーの企業担当者で印刷品質を管理する検査員ごとに個人差があるというのであれば、印刷検査装置の導入することをおすすめします。印刷検査装置なら検査員の個人差により品質が不安定になるという心配がありません。また、登録された見本画像のデータをベースに機械的に画像判定システムが良否を判断します。そのため、ベテランスタッフと新人で生じる判定差がなくなるだけでなく、ベテランがいなくなり判断ができなくなるということもありません。
また、印刷検査装置なら長時間作業により良否判断の品質低下も防げます。大量印刷されたものの中には、徐々に印刷品質が低下するケースもあります。しかし、人の目は慣れてしまいその小さな変化を捉えられず、品質不良が生じることもあります。さらにこの問題は個人差も生じます。しかし、印刷検査装置なら経験の多さ、疲れやすさ、変化への気づき難さといった人間の持つ要因を排除できます。そのため、導入することで安定した印刷品質のものが大量生産されるだけでなく、長年にわたり変化のない印刷を行うことができます。また、品質基準が統一されることで若手も過去に在籍したベテランと同じ目線で判断できます。

印刷検査装置の導入により高い品質の確保と生産性の向上が実現可能

製品の印刷品質の管理にお困りの企業担当者に検討をおすすめしたいのが、印刷検査装置の導入です。印刷物のクオリティチェックに時間やコストがかかり、生産性の低下が懸念される状況を改善し、業務の軽減と円滑な品質管理を可能にします。印刷検査装置は、インクのムラによる文字つぶれ、インクの欠落、印刷機械からの油飛び等の不具合や欠陥を即座に発見し、自動補正を行います。目視では確認できない精密な訂正ができるのが強みです。同時に欠陥箇所の発生分析が可能で、原因の調査と問題の改善に役立て、不良品生産によるロスを最低限に抑えます。印刷検査装置には、さまざまな種類があり、その機能も多岐に渡ります。最適な印刷検査装置の選択には、印刷物の特色を見極め、印刷のボリュームや最重視したい品質維持の為に、不可欠なチェックと改善機能を備えているかを総合的に判断することが大切です。そのため専門業者によるアドバイスとカスタマイズが有効です。導入コストは避けられませんが、印刷検査装置により削減できる人件費や生産ロスを考えると、利点が勝る投資と言えます。印刷物の高い品質を保つには、より精度の高い検査技術があってこそで、自動化によるメリットは計り知れません。今こそ印刷検査装置の設置がおすすめです。

choices article

recent posts